子供の身長を少しでも伸ばしたい。そう思ったことはありませんか。

そんな私たちには一体何ができるのでしょうか。今回は日常に取り入れられそうな情報をお届けします。

 

成長ホルモンが多く分泌されるのはいつ?

背を伸ばすのに必要だとよく耳にする成長ホルモン。実はこの成長ホルモンがより多く分泌されるのは、睡眠直後から2~3時間の間だと言われているのです。

寝る子は育つ」と言うのは間違いではなかったようです。しかし長く寝ればいいというわけでもないのです。ここで注意したいのが睡眠の質。成長ホルモンの分泌は一定ではなく、眠りの浅いレム睡眠ではなく深いノンレム睡眠の時により多く分泌されるのです。せっかく寝るのなら、このノンレム睡眠で寝て欲しいですよね。

子供たちには迷惑な話ですが、スマホやタブレット等の使用は寝る前には控えた方がよさそうですね。他にもカフェイン等の摂取もやめておきましょう。

睡眠の質だけでなく食事の質も大切です。成長ホルモンに必要なアミノ酸。これを作るのに必要なたんぱく質をとることも重要です。また鶏肉や海老、大豆食品に多く含まれるアルギニンは下垂体に働きかけることで、成長ホルモンの分泌を刺激するので意識して取ると良いでしょう。

成長ホルモンは空腹時にも多く分泌されると言われていますが、ホルモンを作る材料がなければ意味がありません。くれぐれも空腹=断食となりませんように。

 

成長ホルモン分泌には適度な運動も必要

他にも運動も成長ホルモンの分泌を刺激するので適度に行った方が良いそうですよ。

有酸素運動よりも無酸素運動の方が分泌量は増えるそうです。しかし、有酸素運動には成長ホルモンの分泌を抑制する物質を消費してくれる作用があるのでないがしろにしてはいけません。両方ともまんべんなく行いましょう。

今は身長を伸ばす飲料等いろいろありますが、まずはこういった日常生活から変えてみてはいかがでしょうか。ここまでいろいろ書きましたが、結局のところ規則正しい生活をするのが一番のようですね。ただこれが一番難しいのですが。