背がなかなか伸びない子供に対して、補助的な役割として飲ませるもののひとつにセノビックが挙げられます。

 

セノビックの成分って?

その成分を見てみるとナトリウムやカルシウム、ビタミン類やナイアシンなどが豊富に含まれています。選ぶ味によっても異なりますが、一番人気のあるミルクココア味を見ても、一般によく知られているものばかりが配合されています。カルシウムは健康な骨や歯を作るためには欠かすことのできない成分で、ストレスの解消にも役立つものです。

ビタミンDはカルシウムの吸収をたすけ、ビタミンB2は皮膚や紙の毛、爪などの再生にかかわっています。セノビックは牛乳とともに摂取するものですが、牛乳にはたんぱく質や脂質が含まれているので、ビタミン類を同時に摂取できることは非常に有効といえます。

 

セノビックの副作用について分析

セノビックの摂取を考えている人の中には、副作用はないかどうか気になる人も多いことでしょう。

成分を見てみると、基本的には牛乳が持っている栄養素に対し、カルシウムを効果的にもたらすのが大きな役割であることから、それ以外の成分は牛乳とカルシウムの吸収や代謝をサポートする役割が強い成分ということになります。もともと食品として扱われているものなので、厳密に言うと副作用を心配するような薬品などは一切使われてでないため安心です。

何に対しても言えることですが、同じものを過剰に摂取することは禁物です。例えばカルシウムを大量に摂取すれば、おなかが緩くなって下痢をしてしまう可能性もあります。しかし1日に1杯、2杯程度を摂取しただけでは、特に過剰摂取になる可能性も低く、一般的な量で飲む分には特に問題はないでしょう。

しかし背を伸ばしたいと強い希望を持って摂取する食品であることから、たくさん飲めばその分背が伸びるのではないかと思い過剰に摂取しがちになってしまうかもしれません。決められた用量以上のビタミンやミネラルを摂取すれば、体には大きな負担がかかることでしょう。セノビックをのんでいて、もしも体調不良が生じた場合には飲み続けることはいったん停止して、小児科や内科などで診療をしてもらうと安心です。

このような注意点を守り、毎日規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけ、ここにセノビックを足すことで大きな効果が期待できることでしょう。またボーンペップと呼ばれる卵黄をベースにした成分が入っていることから、卵のアレルギーや牛乳のアレルギーを持っている子供が飲む場合には、十分な注意が必要です。